information
 2017.02.03 UP DATE
ペンネームをD[di:]にしたのは、先入観なしで見て欲しかったから。


”もともとアレルギーがあって。動物は小さい時から大好きだったけど「おそらく永遠に片想い」って
いうのは近づけないんです。森とかも入るとくしゃみが止まらないし。
自分の中に強迫観念があってキャラクターっぽいものを描いてると消費されて飽きられてしまう。
だから無意識のうちに変わってる感じがありますね。"

本人の作品とおしゃべりは「作品をみる」でたっぷりお楽しみください。
information
 2016.10.18 UP DATE
個展「The DOOR 自分回帰」を開催。



D[diː]が、2016年11月14日(月)〜29日(火)の期間、個展
「The DOOR 自分回帰/THE LETTER from the future, past, somewhere」を
TAV GALLERYにて開催します。

1年ぶりとなる個展では「ハーモニック・オルゴナイト・ペイント」を用いた最新作が展示されます。
“オルゴナイト”とは金属片とクリスタルを樹脂で固めた装置のことで、
ネガティブなエネルギーを吸収し、ポジティヴなオルゴン・エネルギーに変換する働きをします。
蜜蝋やガラスなど多様な素材を用いたD[diː]独自のペインティング様式「ハーモニック・ペイント」
と繋ぎ合わせて生まれた新技法「ハーモニック・オルゴナイト・ペイント」は、マイナス思考や感情
から発生した破壊的なエネルギーを無害化し、空間を和らげたいという願いから考案されました。

「ブッダは一言も言わないで説教したと言われる。
一輪の花の形態のなかに、曼荼羅、悟りが、万物に通ずる宇宙の相似系の地図が内包されている
として、一輪の花を聴衆に差し出しただけであった。これを『拈華微笑(ねんげみしょう)』という。

わたしが、連続し密集した草花というモチーフをつかって制作するのは、この花や植物の黄金律
からなる形態を一つのセル(細胞)にみたて、わたしなりの曼荼羅を組み立てているのである。
わたしが自らをD[di:]と称したのは、一つは、そういった世界への扉DOORとなるためだった。
The DOOR 自分回帰/エキシビションステートメントより抜粋

「The DOOR 自分回帰/THE LETTER from the future, past, somewhere」
会期:2016年11月14日 (月) 〜11月29日 (火)
場所:TAV GALLERY/東京都杉並区阿佐谷北1-31-2  Tel:03-3330-6881
営業時間:13:00 – 20:00/定休日:水曜日・木曜日
information
 2016.04.01 UP DATE
人気TV番組「Kawaii Asia」の新キャラクター制作。



今気になる日本の“Kawaii”を毎週ピックアップし、日本だけでなく世界に向けて
発信するエンターテインメントTV番組「Kawaii Asia」。
世界中にファンを持つ人気TV番組のキャラクターが4月4日よりリニューアル。

その新キャラクターをD[diː]が手掛け、D[diː]初のLINEスタンプが発売となりました。
番組のメインキャラクターである、ユニコーンの「UNI(ウニー)」をはじめ、
幼なじみの宇宙ネコ「ポリ子」や流れ星くんなど、個性溢れるキャタクター達が
様々なタッチで描かれ、ユニークかつカワイイが満載のスタンプに仕上がっています。

information
 2015.11.13 UP DATE
世界一有名なハリネズミとコラボレーション。


ハリネズミのダーシーは、2011年春、写真や動画を共有できるSNSアリ“Instagram”に
“@darcytheflyinghedgehog”というアカウント名で登場。
1カットずつセンスある構成でアップされたあどけない表情は話題を呼び、多数の海外
メディアで取り上げられるなどして、フォロワー数は42万人を突破。
一躍「世界一有名なハリネズミ」となりました。
2014年3月には写真集「ハリネズミのダーシー」(青幻舎)として出版もされました。

それから1年半あまり、 飼い主塚本氏による待望の新作が完成。
あわせて今回は、ダーシーとD[diː]とのコラボレーションが実現したのです。
それが絵本「ぼくのかわいいハリネズミ、ダーシー」。
無類の動物好きであるD[diː]が、イラストだけでなく、ストーリーも手がけています。また、デビュー当時にD[diː]が得意としていた「ノベルコミック」タッチのページも
久しぶりに登場。D[diː]によってカタチになった、世界中のダーシーファンに送る、
ダーシーの夢の物語。読んでも見ても楽しめる、大人も子供も心に響く絵本です。

「ぼくのかわいいハリネズミ、ダーシー」1,200円(税抜)青幻舎
絵・文:D[diː](ディー)/かいぬし・写真:塚本翔太
判型:160×135mm ハードカバー 64ページ

earth D[diː]&ecologyに新キャラクター、ハリネズミも登場します。
「earth music&ecology」とコラボレーション、ライフスタイルをコンセプトとして
始まった新レーベル「earth D[diː] &ecology(アース ディー アンド エコロジー)」
に、新キャラクターとしてハリネズミが加わります。
香りによって異なる動物たち全10種類(ハニー:クマ/シトラス:ネコ/グリーンフィールド:イヌ/チェリー&フラワー:パンダ/ソープ:ペンギン/ベリーベリー:ウサギ/ジャスミン:ふくろう/ローズ:リス/キャラメル:アルパカ/ピーチ:バンビ)に11番目の動物が登場します。

人気のカメラアプリ「PopCam」でもD[diː]デザイン「ハリネズミ」スタンプ配信中。
information
 2015.08.08 UP DATE
ライフスタイル新レーベル「earth D[diː]&ecology」展開


2015.9.4.株式会社クロスカンパニーの主要ブランド「earth music&ecology」との
コラボレーションで生まれた、ライフスタイルをコンセプトとした新レーベル
「earth D[diː]&ecology」が全国展開されます。
「earth D[diː]&ecology」は、ケアコスメ、フレグランス、ポーチ、ハンドタオルなどのライフスタイル小物を取り扱うレーベルで、角についたぽんぽんをしっぽに見立てた
「しっぽ付きタオルハンカチ」や、女の子にとって大切なお風呂タイムをより楽しくさせてくれる「バスソルト」、車やクローゼットに置ける「エアフラッシュナー」、手書き感を残したストライプとドットが特徴的な「アニマルダイカットポーチ」など、
D[di:] のイラストやデザインが持つモダンさにアースのガーリーなテイストを加え、
女の子の生活が可愛く、楽しくなる、ワンランク上のアイテムを提案していきます。
information
 2013.10.11 UP DATE
初めてぜんぶ作った絵本「おふとんのくに」
< a href="ゆめのくにへのパスポート!
楽しいベッドタイムストーリー。

おふとんとんねるを くぐって、
          ゆめの くにへ
あくびがでたら出発しよう。
おふとんのとんねるをくぐったら、
夜空のかなたにあるおふとんのくに
友達やまくらちゃんといっしょに、
なにして遊ぼう?雲の機関車に
のりこんで夜空の旅へ出かけよう!

\1,260-/金の星社
クレヨンを使ったのは10年ぶりくらい。
犬童一心監督の「ジョゼと虎と魚たち」のタイトルバックをやらせていただいて以来。
みんなレイヤーを変えて200近く描いたので思った以上に大変で。
でも。それだけのものには仕上がったと思います。詳しいお話はvol.5でどうぞ。
information
 2012.10.07 UP DATE
ルミネ立川のライブペインテイングは熱気満開。


D[di:] 久しぶりのライブペインティングはオープン前から女の子達の熱気がパワフル。
今年で30周年を迎える立川ルミネの誕生月である10月のメインビジュアルを担当した
『タチカワルミネ30サイ・バースデイパーティ』ヴィジュアルが館内を彩る中、
10.7.コンコースで開かれたライブペインティング&ボディペインティングはジャズの
生演奏が流れ、待ちかねた女の子で動けない程の大盛況。
絵を描くステージが、こんなに気持のいい熱気を生むんだ、という興奮の瞬間でした。

立川ルミネのヴィジュアルイメージとおしゃべりの更新はvol.3でどうぞ。



event
 2012.09.10 UP DATE
「おそらく、永遠に片思い」
店舗連動の大型イベントも多い D [di:]の個展。


小さい頃から選ぶ絵本はデッサンのしっかりしているものや、書き込みの濃いものが
好きでした。いつもガムシャラだったような気がします。
今回の個展では2m×1mのパネルで描いたんですけど、これくらいの大きさになって
くると、自分の小さい部屋が、本当に森のなかにいるみたいで、絶対に飼えない様な
オオカミなんかと共同生活をしているような気分になりました。
あ、大きい絵って空間なんだな、って再認識させられました。

個展「おそらく、永遠に片想い」 2012.5.31~6.17 表参道hpgrp GALLERY 東京




2010年から新宿ルミネのLUMINE meets ART で、
3回参加させていただいています。
今年は、新宿ルミネ1の地下2階から8Fまでの
エレベーター外と中をデコレーションしました。

新宿ルミネESTのレストランフロアのビジュアル
は1年担当させていただいており、
壁面には10mのビルボードがかかっています。

初夏に家族が上京したときに、
見てもらったんですが喜んでいたので、
やってよかったな〜って思いました。



event
 2012.08.31 UP DATE
アパレルにバッグ。ファッションコラボも続々。


同郷のデザイナー野口裕也や JELLY GARCIA との服飾デザインのコラボレーションは、モデル経験もある本人も楽しみながらチャレンジできるジャンルみたいだ。
7月にはSAN HIDEAKI MIHARAとのコラボレーションバックの予約販売も開始した。
機能性の高いボストンとちょっとした外出に丁度良いポシェット、そしてお財布の
3アイテムとヴァリエーションも本格的で女性向けアイテムとして人気を集めそう。

officialsite
 2012.08.30 UP DATE
D [di:] オフィシャルサイトはこちら
→http://deeth.net/
 
 profile
D [di:] ディー
初ドキュメンタリー映像公開


映像クリエイティブユニット
「tokyomodernstyle」が
2015年夏より約半年間、
D[diː]の活動を追いかけ記録した
D[diː]初のドキュメンタリー映像。
⇧クリックしてご覧いただけます。

映像のなかには、D[diː]が
アーティストを志したきっかけや、
作品に対する想いについてなどが
語られ、アート作品も数多く
収められています。
また展示会の様子や
ラジオパーソナリティとして活躍
する姿など、ビハインド・カット的
要素も見どころとなっています。

どんな不協和音で狂ったメロディで
あったとしても、あなたが良ければ
このハーモニーはあなたのための
旋律となる。
「ハーモニー/
    あなたのための旋律」展」
2014.8.21(thu)~9.7(sun)
hpgrp GALLERY TOKYO





新宿ルミネエスト。
春から担当しているヴィジュアル
夏シリーズはレストランフロアで。



2016年
D[diː]デザインプロデュース
「Uevo Jouecara 」



2016年
多機能型フェイスパウダー
PDC「ピダイト(ピーディット)」




繊細なイラストレーションと独特
のリズム感・リリカルな文章で、
シニカルかつスウィートな
世界観の作品を精力的に創作。
TSUTAYA、ルミネ他大型企画や
ファッションブランドとのコラボ等
多彩な活動で注目を集める。




2000.多摩美術大学在学中に
発表した
ファンタスティック・サイレントを
宮崎駿監督お墨付で出版デビュー。


2作目「キぐるみ」発表では
漫画と小説を融合させた、
ノベルコミックという発想を実現。


2011.「どうぶつのこ々ろ図鑑」
角川書店/\1900-
2010.4.発売好評を博した
「夢の中ならキミは優しい」
の増補改訂版。

D[di:]という名前にしたのは
名前から受ける先入観、国籍とか
性別で作品を見てもらいたく
なかったからです。
昔は、人見知りもはげしくて、
ろくに感想とか言えなかったから、
他人と話ができませんでした。
文章を書くようになってから脳内の
シナプスがつながったっていうか、
考えをまとめられるようになった
ような気がします。

<D[di:]’s PRODUCTS>
オフィシャルショップはこちら


様々なアイテムをキャンバスにD[di:]
がデザインを手掛ける新プロダクト
ブランド<D[di:]’s PRODUCTS>。
オフィシャルショップでは
人気ブランド<Danke>を手掛ける
株式会社NOL CORPORATIONと
新フレグランスライン
D[di:]’s FRAGRANCE
STORY SERIESを発表。
最新アイテムが揃います。

下記のグッズ関係も豊富。
headphone「ラビット」


iphonecase「アルパカ」


D[diː]がパーソナリティーを
務めるJFN全国ネットラジオ放送
「オンプラ ON THE PLANET」