event
 2014.08.26 UP DATE
伊勢丹に“空想世界を揺蕩う女性”を描く。


日本を代表するイラストレーター宇野亜喜良が、8月27日から9月9日まで伊勢丹新宿店本館メンズ館各階で開催される「彩り祭」のビジュアルを手掛けました。



コンセプトは「空想百貨博物館」。
博物館で観賞することができる6部屋を、キャラクターの異なる6人の女性が暮らす部屋であると設定し、それぞれの特徴を示した解説に、タイプごとの女性のイラストを添えていきました。
6タイプの女性は、寡黙類、多忙類、潔癖類、友愛類、虚無類、夢想類。いずれの女性も神秘的なムードを醸し、「空想上の博物館」にしっくりくる表情を浮かべて、新宿の街空間がアンニュイに包まれたよう。

 
伊勢丹に“空想世界を揺蕩う女性”を描く。
舞台美術への情熱は飽きる事がない。
グラフィック界の先駆者 僕の好きなもの。
60年代が眩しい。終わらない青春の輝き。
自選原画蔵出し。今回は秘本「乱歩」最後の1点。