event
 2008.11.30 UP DATE
日比谷のジョルジュ・ベンジョールに
2000人のブラジリアンが踊り狂った日。


9月7日ブラジルフェスティヴァル。
日比谷公園フリーステージに現れたジョルジュ・ベンジョールは
のっけからアップテンポで集まった2000人のブラジル人を煽りまくった。
4曲目でもう「マシュケナダ」。群衆がユッサユッサと揺れる。
風船が跳び、サンバにはじける。こんなに日本にブラジル人がいるなんて。
殆ど知らされないままの突然の来日ステージは無料ライブとは思えないグルーヴ。
途中の集中豪雨も全然気にならない。もの凄い湯気になってハネ返る。
これだけエネルギーに溢れたシーンはめったにないと思う。
 
井の頭の池と平林寺のそば。
今年のキーワードは自然とPOP。
今度はアートと鎌倉のコラボ、「鎌倉巡空」
由緒ある寺に不思議な光景が溶け込む。

懐かしい唄にのせた新しいまつりは生まれるか。
ダンスがしたいのに環境がない「ハマこいカーニバル」。
網膜剥離手術のあと眼の中に浮かんだウミクラゲ。
日比谷のジョルジュ・ベンジョールに
2000人のブラジリアンが踊り狂った日。
メコンの誘惑。泥と騒音とネオンの汗臭い世界。