information
 2017.05.02 UP DATE
信州小諸でアートな空間とアートな時間を過ごす。


" ロバの学校のとき、森を歩いている素敵な写真。
1980年から毎夏開いているロバの音楽座のロバの学校。
こんな学校があったらみんな不登校にならないのに、
また飛び出す絵本のようでとても創造的な学校です。"
学校といっても、年に四日間だけひらかれる、小さな創造学校です。
教える人と習う人、という関係ではなく、「音楽をあそぶ」という共通の視点で
それぞれの感性の冒険が始まります。
自然の音に耳をすまし、音さがし、楽器づくり、祭りづくりなどから、
音楽の喜びや、それぞれのいい音、そして夢をさがします。





読書の森の自慢は、まず信州一おいしいコーヒーが飲めることです。
子供の頃から空が近く見える御牧原で生活したいと考えていた
ご主人の依田雄さんが小諸の美味しい水と厳選された豆で一杯ずつ出しています。
そして、モンゴルのゲルで宿泊。
地元小諸の民謡小諸節や御料牧場に馬を伝えたとされるモンゴルから直輸入しました。
御牧原には世界中からたくさんの国の人たちがやってきます。
森にハンモックを吊るしたり、茅葺きしたり。



世界の国からコンニチワ。浴衣でインターナショナル盆DANCE。





読書の森 23年間の出来事
ジョン・レノン記念コンサート / 湯川トーベンライブは10年以上やってます。
梅津和時 / H2O / 佐々木良太 / オギタカ ライブ開催
「マザーテレサ」沖守弘写真展 (日本でマザーテレサを紹介した人です。)
田島征三講演会「絵の中のぼくの村」上映会
「宮澤賢治展」 山口マオ 小林敏也 小林篤出品 宮澤賢治作品幻灯会
すろうりぃ著 「見よ、森に静けさがある」が小山章三先生によって合唱曲となる
山口マオ展は読書の森ではなくてはならない展覧会です。
茨海小學校跡地にて結婚パーティがシャガールの絵のようだったとか...
宇田川新聞さん、田嶋健さんの読書の森オリジナル便箋 絶賛発売中
実験映画祭出展作家たかはしびわ 田嶋健 宇田川新聞 金井三和 おおらいえみこ
全盲の画家 「光島さんはそう見たか」展 ワークショップ大好評でした!
金子みすゞ、宮澤賢治、田島征三、言葉を楽しむ各イベント
ロバの学校 ロバの音楽座が毎年夏に開催する空想のような学校
「まひるのほし」上映会 田島征三さんが撮影監督したんだよ
スイス映画「ロバ狩り」で我が家のジグが主演ロバに選抜。
いわいとしお&田中清代 ふたりの絵本原画展
メェェメェェ丘マルシェ開催・湯川潮音ライブ
中里和人「小屋の肖像」展

そして、読書の森のシンボル
田島征三さんち松本雅隆さんのどうらくオルガンがやってきた!
どうらく音頭CD制作1000円で随時販売 歌、佐々木良太 オギタカ 千成郁子



メニューが木。日本で一番部厚いメニュー。

officialsite
 2017.05.01 UP DATE
Guest house&茶房 読書の森オフィシャルサイトはこちら
→http://kp2y-yd.wixsite.com/gh-dokusyonomori
 
 profile
Guest house&茶房 読書の森





小諸の空気と野菜は
最高のおくりもの。
1993年開業以来
20年にわたる歴史から
生まれたユニークな企画や
ちょっとした置物にも
心配りが感じられます。



2012.6.2~6.17吉野敏子
「アンデスのおもちゃ箱展」





2017.5.4.
「山口マオと猫マーケット」
マオさんは、20年にもわたる
おつきあいになります。
18時からは昭和歌合戦。
島倉千代子、ユーミン、岬めぐり
忌野清志郎など盛りたくさん。





信州小諸の南西に御牧ヶ原大地と
いう、起伏に富み、全方位に地平線
が切れている美しいテーブルランド
があります。
その名の由来は遠い昔、奈良平安
時代に馬を献上する牧場地帯だった
ことによります。

大地には大小何百もの溜め池が
作られ、空の色を映しています。
点在する林と田畑のバランスは
絶妙で、天然とヒトの営みの調和
ある姿です。

この大地の一画にこの美しい風光
と共感しあう、言葉を大切にする
場所と時間を作りたいと強く願い
1993年に「茶房読書の森」を
スタートさせました。

控えめにいっても信州一美味しい
珈琲。丁寧に焙煎された最上質の
豆を、ご注文に応じて一杯ずつ
ネルドリップで皆様に提供して
おります。つまりはごく控えめに
いっても信州一美味しい珈琲を
皆様にお出ししていると自負する
ものです。紅茶類も同様です。
       店主 依田 雄

長野県小諸市山浦5179-1
TEL: 0267-25-6393
FAX: 0267-24-0260
営業時間: 10:00-18:30
定休日: なし


「小屋 働く建築」中里和人

2015.10.16.のご案内
この小屋の本1999年に出た本で
とても衝撃を受けた本です、
中里さんのこの「小屋」に魅せられ
た方は多いと思いますが、とても
寒いけどホットなイベントを
11月7日の夕方に行います。
中里さんは東京造形大学大学院で
教えているのですが、
その公開ゼミ「陰絵プロジェクト」
をします。その陰絵に合わせて、
佐々木良太くんがカリンバを
弾きます。投げ銭でおこないたい
と思っています。暖かい豚汁も
ご用意する予定です。
是非皆さんおでかけください。



2016.3.19~4.24
暮しの手帖と暮らしの雑巾展

すろうりぃのcome販売中
一度食べてみてください。
3キロ1300圓
詳細は下記HPをクリック。



茶房読書の森facebookはこちら