profile
夢みるチカラあしたの地球



生きるのがつらく苦しくても
創造力は希望を生むはずです。
たくさんの人達の
ささやかなパワーを灯に。




五味太郎と原マスミが描きおろした
大漁旗は作品をみるvol.3で。
気仙沼復興屋台村の大漁旗からは
オリジナルバンダナを販売中です。



五味太郎オリジナルバンダナは
⇧をクリック。



原マスミオリジナルバンダナは
⇧をクリック。



自ら手描きの大漁旗をバックに
手がかじかむ雪解けの中
ビール缶ステージで唄う宇崎竜童。
詳細は⇧をクリックしてみれます。
手描き大漁旗は作品をみるvol.6で。



スズキコージ出品作品はvol.1。
打上げられた漁船やみぞれ降る
現地で描いた大漁旗はvol.3で。



小池アミイゴが東北を歩きながら
描き続けた作品の一部はvol.2で。



夢みるチカラあしたの地球
このプロジェクトは
2012年東日本大震災後の
気仙沼復興屋台村に大漁旗を
掲げた時から始まりました。
船を流された漁業の街で
漁のシンボルである大漁旗を
空に翻らせる事で少しでも
こどもたちの心にチカラが
生まれればという想いは
その後、絵本や猫といった
身近かなテーマで続いています。

2017年 
福島さくら遊学舎「ねこの絵展」
2016年 
灘本唯人にんげんもよう展 新宿
作品詳細は下記画像をクリック。



帰郷 葉祥明展 田園調布
作品詳細は下記画像をクリック。



2015年 
海とビーチのHAWAII in 茅ヶ崎
鈴木英人 &HILOKUME展
鈴木英人作品詳細は
下記画像をクリック。



第二弾松田大児作品展



ファンタジーランドへようこそ



2014年 ねこ展 in 昭島
ねこ展の詳細及び出品作品については
下記画像をクリックして
ご覧いただけます。



2013年
こどももおとなもえほんであそぼ。
夢みるチカラあしたの地球
そごう柏店40周年記念企画
10階特設会場



石井聖岳とおくはらゆめが
子供達と一緒に描いた
夢みるチカラあしたの地球2013



くわナよしゆきドラムカン教室。





2012.3.17~3.31
集まれ!夢みるチカラ in気仙沼
会場:
復興屋台村気仙沼横丁
気仙沼プラザホテル
主催:
復興屋台村気仙沼横丁
協力:
東北経済産業局・気仙沼市
気仙沼教育委員会
気仙沼プラザホテル
企画制作:
(株)博報堂
JAM
ART-LIFE MUSEUM the NET
ハイクアウト
めぶくアートプロジェクト

「 集まれ! 〜夢みるチカラ 
あしたの地球展&ワークショップ」
3.17~18/13:00~15:00:
復興屋台村気仙沼横丁きずな広場
スズキコージ・小池アミイゴと
大漁旗を描こう!ワークショップ
3.18/14:00~15:00 
しおりアコースティックLIVE
3.17~25:
復興屋台村各店舗にて
夢みるチカラあしたの地球展
天野喜孝・伊丹裕・岡林信康
小池アミイゴ・早乙女道春
Cocco・さだまさし・とよた真帆
原マスミ・古川タク・松下進
3.17~31:
大漁旗まつり2012
小池アミイゴ・五味太郎
スズキコージ・原マスミ

「集まれ!〜
夢みるチカラコンサートLIVE」
3.20/13:30~15:00:
気仙沼プラザホテル
コンベンションホール飛天/無料
出演:
久石譲/大橋のぞみ&藤岡藤巻
3.24/13:00~14:00
「集まれ!〜大漁旗青空LIVE」
実施会場:
復興屋台村気仙沼横丁きずな広場
出演/宇崎竜童



■■■■■■■■■■■■■■■

夢みるチカラあしたの地球で
展示販売された作品の一部は
こちらでも購入できます。



島田ゆか限定版画は⇧をクリック



五味太郎限定版画&グッズは
⇧をクリックで購入できます。



天野喜孝関連作品は
⇧をクリック。
天野喜孝絶版絵本N.Y.SALAD
ここでのみ購入できます。



山形に生まれた荒井良二。
自主制作CDは⇧をクリック



愛の連鎖〜あなたの愛と私の愛が
届きますように。
震災に触発された描きおろし。
収益の一部は東日本大震災に
寄付させていただきます。
とよた真帆



小池アミイゴ 気仙沼大島を描く。



震災後描けなくなった末に
みつけたのはヒカリ。
早乙女道春


天野喜孝のこの作品は
復興屋台村に寄贈されました。
展示作品は作品をみるvol.4で。



Cocco展示作品はvol.5で。
売上の一部は気仙沼復興屋台村に
寄付されました。



復興屋台村気仙沼横丁
気仙沼全体で7割、南町はほぼ100%
の飲食店が津波で流された気仙沼。
この「復活 港町気仙沼プロジェクト
<復興 屋台村 気仙沼横丁>」は、
「港町気仙沼」を支える
もうひとつの顔として生まれ
2017年3月20日閉店しました。



開催趣旨や内容の詳細は
アマゾンジャングル再生基金でも
ご覧いただけます。