event
 2010.05.15 UP DATE
届くはずのない声が色層をやぶって聞こえてくる。
渦を巻き絡み合う情念があふれ出す筒井伸輔 の世界。
半透明な蜜蝋の質感を生かした深みのある筒井伸輔の作品表現は、近年では鮮やかな色彩を加えることによってより絵画的になってきました。 身近で採集した蟻や蜂、蛾といった小さな昆虫の死骸は、そのイメージを全く認識できないくらいに断片化され作品へと昇華します。 主観をそぎ落とし作り上げてきた抽象画にも見えるその表現は、さらに毒々しいまでの彩色を施すことによって、また意識的にモチーフをトリミングすることによって より具象性を増してきました。 筒井が提示するのはノスタルジックな幻影ではなく、今を生きるものたちの確かな 存在であり、その存在もまた、別の対象物へとつながっていく無限の連鎖であることに気付かされるでしょう。 永い眠りについた者たちの、かつて命を宿していた証を辿って想いを馳せるのでは なく、今そこに実存するもの、形をかえて存在するその息吹の一端に耳を済ませて 欲しいのです。 本展では、キャンバス作品やドローイングに加え、より作品世界を体感していただけるよう実際に筒井が使用している顕微鏡を展示する予定です。 顕微鏡を覗いて始まるミクロの旅の果てにあるものは永遠の不在か実存か。皆様自身の目でお確かめください。 展覧会名:筒井伸輔 展 会期  :6月12日(土)〜7月17日(土) 11:00〜19:00 (日・月・祝日休廊) 会場  :Mizuma Art Gallery ********************* <画像キャプション> (2点とも) 2010 ロウ、オイルパステル、キャンバス、パネル 134.3×84.2cm (c) TSUTSUI Shinsuke Courtesy Mizuma Art Gallery *********************
 
 profile
ミヅマアートギャラリー
MIZUMA ART GALLERY
主宰:三潴末雄



「アートにとって勝ちとは何か」
玄冬舎/\1.700+税



ひとつの集大成
ジパング展プログラム。
作品はvol.9で。





ミヅマアートギャラリーは、
市谷田町に新しく画廊空間を
開設しました。
開廊展は
November Steps -Suzan Phillipsz & Gallery Artists-
と題したグループ展です。
これを機にスタッフ一同
さらに社業に邁進する所存ですので
今後とも一層のお引立てを
賜りますようお願い申し上げます。
皆様のご来廊を心より
  お待ち申し上げます。(09.11.4)
開廊時間:11:00-19:00
日・月・祝休廊
162-0843 
東京都新宿区市谷田町3-13 
神楽ビル2F
2F Kagura Bldg., 3-13
Ichigayatamachi Shinjuku-ku,
Tokyo 162-0843

■■■■■■■■■■■■■■■■■
アーカイブはこちら


2013.12.27
天野喜孝「TOKYO SYNC」
ミヅマ初個展。


2013.6.12
五島記念文化賞美術新人賞
研修帰国記念 宮永愛子展
「house」


2012.11.21
山口藍展「ほし」


2012.10.10天明屋尚合戦図。


2011.04.28青山悟展
芸術家は人生において6本の
薔薇を真剣につくらねばならない 。
作品はvol.8で。


2011.03.05鴻池朋子
「隱れマウンテン 逆登り」


2011.1.18
オ・チギュン展
指江昌克展「見えざる手」
2011.2.28


2010.11.16 山本竜基3度目の個展。
作品はvol.7で。


2010.05.15渦を巻き絡みあう情念が
あふれ出す筒井伸輔 の世界。
作品はvol.6で。


2010.5.13点での表現丸田斎。
東京初個展


2010.03.13
O JUN個展「O JUNの山」
作品はvol.5で。


2010.3.23会田誠展「絵バカ」


2010.02.01天明屋尚の掲げる風流。
作品はvol.3で。


2010.02.01山口藍展「きゆ」。
作品はvol.4で。


2009.11.10球体に潜む時代への眼差
指江昌克個展。
作品はvol.2で。