event
 2010.05.13 UP DATE
無数に打たれた点での表現、不思議な丸田斎ワールド。
東京で初の個展です。
紙やキャンバスにアクリルや油彩などを用いる丸田斎作品は、ペンによる表現を重要な要素としています。制作の大半の時間は、先が0.1ミリのドイツ・ロットリング社製の製図用ペンで、「描く」というよりは「打つ」ことに費やされます。 無数に打たれた点での表現は、不思議な丸田ワールドを展開し、見る立ち位置により微妙に変化する画面は、遠景から見ると、ただならぬ世界の表現に圧倒されます。 本展の題名「平和と波動」の由来は、そんなミクロの表現からきています。丸田は、平和への祈りを込めて0,1ミリのドットを毎日10時間、1年間打ち込み続け、 今回の10メートルの大作を完成しました。 10年近く続く、丸田のロットリング手法へのこだわりは、点描の表現を取り入れていたとされるレオナルド・ダビンチへの強い関心があります。そして、朝の読経の ように始められる「打つ」行為は、快楽的に「描く」行為とは異なり、修行僧が、 百万巻の念仏を唱える行の世界に通じると作家はいいます。 かつて東京に暮らしていた丸田は、その生活に疲弊して故郷長崎へ帰った折、自身の求めていたのが、幼少の頃親しんだ山草の茂みや海の磯の香りだったことに気付いたといいます。それは原爆を落とされ焼け野原となった故郷・長崎への哀切の想いと 合わせて、過去への郷愁や未来への希望、愛や平和への祈りに制作の動機を置く契機となりました。 本展のメイン作品となる10メートルの大作「世界平和」は、海山の生き物を始め、古今東西の歴史的な建物や街並みに潜む戦争の記憶や物語、さらに仏や社寺など作家の想いを映す壮大な神話的世界が表現されています。 それはまた、点の数ほどある画家の平和への祈りが作らせた作品ともいえます。 丸田は、本当の平和の時代はなかなか来ないが、それを祈り、その想いの丈を作品を通して人々に共感してもらうことが出来ればと願っています。 情報と、時間が忙しく過ぎていく現代社会の中で本展を通して戦争平和を振り返る 機会となれば幸いです。 ***************************** <画像キャプション> 共に 「世界平和」(部分) 2009 紙にロットリングペン、アクリル絵具 116.8×1000cm (c) MARUTA Sai  Courtesy Mizuma Art Gallery ***************************** 展覧会概要 展覧会名: 丸田斎展「平和と波動」 MARUTA Sai Exhibition " Peace and Waves" 会期:7月14日(水)−8月14日(土) 11:00−19:00 (日・月・祝日休廊) 会場:ミヅマ・アクション 〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-3-9 藤屋ビル2F TEL: 03-3793-7931 / FAX: 03-3793-7887 東急東横線・日比谷線中目黒駅より徒歩3分 東急東横線代官山駅より徒歩6分 JR線・日比谷線恵比寿駅より徒歩12分 問合せ:action@mizuma-art.co.jp
 
 profile
ミヅマアートギャラリー
MIZUMA ART GALLERY
主宰:三潴末雄



「アートにとって勝ちとは何か」
玄冬舎/\1.700+税



ひとつの集大成
ジパング展プログラム。
作品はvol.9で。





ミヅマアートギャラリーは、
市谷田町に新しく画廊空間を
開設しました。
開廊展は
November Steps -Suzan Phillipsz & Gallery Artists-
と題したグループ展です。
これを機にスタッフ一同
さらに社業に邁進する所存ですので
今後とも一層のお引立てを
賜りますようお願い申し上げます。
皆様のご来廊を心より
  お待ち申し上げます。(09.11.4)
開廊時間:11:00-19:00
日・月・祝休廊
162-0843 
東京都新宿区市谷田町3-13 
神楽ビル2F
2F Kagura Bldg., 3-13
Ichigayatamachi Shinjuku-ku,
Tokyo 162-0843

■■■■■■■■■■■■■■■■■
アーカイブはこちら


2013.12.27
天野喜孝「TOKYO SYNC」
ミヅマ初個展。


2013.6.12
五島記念文化賞美術新人賞
研修帰国記念 宮永愛子展
「house」


2012.11.21
山口藍展「ほし」


2012.10.10天明屋尚合戦図。


2011.04.28青山悟展
芸術家は人生において6本の
薔薇を真剣につくらねばならない 。
作品はvol.8で。


2011.03.05鴻池朋子
「隱れマウンテン 逆登り」


2011.1.18
オ・チギュン展
指江昌克展「見えざる手」
2011.2.28


2010.11.16 山本竜基3度目の個展。
作品はvol.7で。


2010.05.15渦を巻き絡みあう情念が
あふれ出す筒井伸輔 の世界。
作品はvol.6で。


2010.5.13点での表現丸田斎。
東京初個展


2010.03.13
O JUN個展「O JUNの山」
作品はvol.5で。


2010.3.23会田誠展「絵バカ」


2010.02.01天明屋尚の掲げる風流。
作品はvol.3で。


2010.02.01山口藍展「きゆ」。
作品はvol.4で。


2009.11.10球体に潜む時代への眼差
指江昌克個展。
作品はvol.2で。